ヨーロピアンスタイル | 旅行、文化、経済、イベント、エンタメなど現地各国の様々な情報を紹介

We are a bridge between Japan and Europe .

クリスマスのアドベントの意味は?人気のカレンダーを子どもと簡単に手作りする方法。

約 1 分
クリスマスのアドベントの意味は?人気のカレンダーを子どもと簡単に手作りする方法。

最近良く見かけるアドベントカレンダー

ディズニーストアや無印でも手に入り、お子様のためにご購入になった方もいらっしゃるでしょう。

実は、アドベントとはキリスト教にとってとても大切な期間なのです。

ここでは、アドベントの意味と、ヨーロッパで人気のアドベントカレンダーの由来や作り方をご紹介します。

愛情いっぱいに楽しく作ったアドベントカレンダーで、クリスマスの時期がもっと楽しくなることでしょう!


Sponsored Links

クリスマスにおけるアドベントの意味とは?

アドベントカレンダー

アドベント(Advent)とは「出現、降臨」を意味し、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間のことを言います。

5世紀後半から、アドベントはクリスマス前に断食をして身を浄める期間とされていました。

期間は、クリスマスの4週間前の日曜日から、クリスマスイブまで。

詳しくは、11月30日の「聖アンデレの日」に最も近い日曜日から、クリスマスイブまでですので、早くて11月27日、遅くて12月3日には始まります。

期間中に4回の主日(日曜日)を含むことから、クリスマスのリースにに4本のキャンドルを立てて祝う伝統が生まれました。

第一日曜日から毎週、火をともしていくアドベントリースは、キリストの降誕を待ちわびる、平和の象徴だったのです。

さて、このアドベントリースをトップの画像でご覧ください。

キャンドルの長さがわざと違えてあるのです。

第一日曜日には一番長いキャンドルに火をつけ、寝る時には消します。

第二日曜日には、先週つけたキャンドルと、もう一本、二番目に長いキャンドルに火をつけます。

第三日曜日には、先週と先々週につけたキャンドルと、もう一本、三番目に長いキャンドルに火をつけます。

そして最後の第四日曜日には全て同じ長さになった4本のキャンドルに火をつける…ということなのです。

そんな粋な工夫のされたアドベントリースも簡単に作れますので、ぜひチャレンジしてくださいね。

アドベントカレンダーとその由来

アドベントカレンダーの窓

アドベントカレンダーが、一人のお母さんの愛から生まれたということをご存知でしょうか。

19世紀の終わり、ドイツのゲラルド・ラングという少年は、クリスマスが待ち遠しくて仕方がありませんでした。

冬になると、毎日毎日お母さんに「クリスマスはいつ来るの?早く来ないかなぁ」と聞いていたといいます。

そこで彼のお母さんは、ゲラルドの願いを少しずつ叶えてやるために、あるアイディアを思いついたのです。

スパイスたっぷりのレープクーヘン(ドイツ伝統のジンジャーブレッド)を24つの袋に分けて入れ、12月1日から1袋
ずつゲラルドに渡していったのです。

ゲラルドはもう大喜び!

毎日おいしいレープクーヘンを食べながら、残りの袋の数を数え、あと何日でクリスマス…!と楽しみにするようになりました。

優しいお母さんは、彼が大人になるまで毎年それを作ってくれたのでした。

大人になったゲラルドは、お母さんが作ってくれた大好きなアドベントのプレゼントを世界中の子供たちに教えてあげたいと思うようになります。

そうして20世紀の初頭、ゲラルドは世界で初めて24の窓を持つアドベントカレンダーを作り、販売を始めたのです。

12月1日から一つずつ窓を開けると、小さなプレゼントが現われます。

そして24個すべての窓を開け終えたら、待ちに待ったクリスマスを迎えられるというもの!

お母さんの愛がいっぱいに詰まった、贈り物なのです。

ゲラルドの作ったカレンダーの窓の中には、クリスマスにまつわる形をしたチョコレートが入っていました。

1920年にはドイツで大流行し、今でも世界中で愛されています。

ここで、面白いアドベントカレンダーをご紹介しましょう。

上の写真のように、ドイツやイタリア、ハンガリーでは、12月1日になると実際の建物の窓をアドベントカレンダーとしたものが登場するのです!

街中でクリスマスを祝う、楽しい演出ですね。


Sponsored Links

子どもさんと簡単にカレンダーを手作りしよう

これならば簡単にアドベントカレンダーが楽しめます!

動画の様な枝がなくても、上の画像のように壁に紐を張り、プレゼントをピンで留めてもOKですね。

紙に包まなくても、赤ちゃん用のちいさな靴下など、ご自宅にあるカラフルな靴下にプレゼントを潜ませ、壁に吊るしても可愛いです!

中に何を入れるか、ご家族で相談するのも温かい時間ですね。

ヨーロッパの子供たちはクラシックに、チョコレートの入ったものが大好き!

有名なスイスのチョコレートメーカー「リンツ」からも、可愛いアドベントカレンダーが販売されているのですよ。

他にもレゴやディズニーグッズが入ったものや、素敵なレディのためのコスメの入ったものなど、色々な種類があるのです。

日本では師走は大忙しですが、こんな素敵なアイテムがあれば、きっと毎日を楽しむ気持ちになれることでしょう。

どうぞクリスマスを迎えるまでの日々を、ご家族で楽しんでくださいね!


Sponsored Links