ヨーロピアンスタイル | 旅行、文化、経済、イベント、エンタメなど現地各国の様々な情報を紹介

We are a bridge between Japan and Europe .

美女と野獣の吹き替えと字幕のどちらがおすすめか調査!声優の歌声に違和感との感想も。

約 1 分
美女と野獣の吹き替えと字幕のどちらがおすすめか調査!声優の歌声に違和感との感想も。

大人気上映中の実写版【美女と野獣】はもうご覧になりましたか?

世間では既に、吹き替えと字幕のどちらが良いのか、議論が巻き起こっています!

人それぞれに感想がありますが、そこからどちらが秀逸なのかを検討していきましょう。

どちらのバージョンを観るか悩んでいる方は、こちらの結果をご参考になさってくださいね。


Sponsored Links

美女と野獣【吹き替え版】の声優キャストは?

吹き替え版と字幕版とどちらが良いかを議論する前に、多くの人が今回の声優キャスティングは神的に素晴らしいと驚いています。

この豪華キャストだけでミュージカルができる!と話題なのです。

実写版の俳優キャストと、ほとんどの人が知らない衝撃の事実についてはこちらです。

是非、俳優と声優を照らし合わせながらご覧ください。

  • ベル(エマ・ワトソン):昆夏美(こんなつみ)
  • 野獣(ダン・スティーヴンス):山崎育三郎(やまざきいくさぶろう)
  • モーリス(ケヴィン・クライン):村井國夫(むらいくにお)
  • ガストン(ルーク・エヴァンズ):吉原光夫(よしはら みつお)
  • ル・フウ(ジョシュ・ギャッド):藤井隆(ふじいたかし)
  • ルミエール(ユアン・マクレガー):成河(そんは)
  • コグスワース(イアン・マッケラン):小倉久寛(おぐら ひさひろ)
  • ポット婦人(エマ・トンプソン):岩崎宏美(いわさきひろみ)
  • チップ(ネーサン・マック):池田優斗(いけだゆうと)
  • マダム・ド・ガルドローブ(オードラ・マクドナルド):濱田めぐみ(はまだめぐみ)
  • プリュメット(ググ・バサ=ロー):島田歌穂(しまだ かほ)

声優として特にはまり役だったのが、ガストンルミエールとの声が多数!

二人は歌う場面も台詞も多いのですが、アニメとの違和感もなく、歌声も素晴らしかったのです。

それもそのはず、ガストンの声を担当した吉原光夫氏は、何と劇団四季の舞台「美女と野獣」でガストン役を演じている舞台俳優なのです!

太く伸びやかなテノールの声が美しく、悪役なのになぜかガストンが一番好き!という女性が多発しているようですよ♡

また、ルミエールの声を担当した成河氏は、長い間劇団で活躍し、今や舞台俳優若手実力No.1と言われる人物。

若いながらも、ユーモラスでいて深みのあるベテラン給仕頭の声を演じ切りました。

その幅広い声の表情には、驚かれることでしょう。

まさかこんなに若い人が声優を務めていたとは…とびっくりされた方が多かったようです。

その他にも、ポット婦人の包み込むような愛情いっぱいの声や、ベルのお父さんモーリスの繊細な愛の表現など、素晴らしいキャストだったと言えましょう。


Sponsored Links

吹き替え版と字幕版のメリット・デメリットは?

この動画でわかるように、ル・フウのリズムに乗った歌声とガストンの渋い声は、とても楽しく素敵だと思いませんか?

吹き替え

【メリット】

  • 日本語で聞けるので、画面に集中できる(細かい表現を見逃さない)
  • 豪華声優キャストの声を楽しめる
  • 歌詞がわかりやすい
  • 野獣がよりソフトで優し気

【デメリット】

  • アニメ版の歌詞と違うので、違和感を感じる可能性あり
  • オリジナルの俳優たちの声の表現が伝わらない
  • 音楽のリズムと歌詞がマッチしない
  • 英語での韻を踏んだ楽しさが伝わらない
字幕

【メリット】

  • 俳優陣の磨き上げた歌唱力を堪能できる
  • 微妙な声のトーンによる雰囲気を感じられる
  • 俳優から発される自然な声を楽しめる
  • 英語で韻を踏む、音とリズムの楽しさを味わえる(特に歌)
  • 野獣のワイルドさを感じる
  • 歌のコーラス部の手厚さなど、オリジナルのこだわりを感じられる
  • 唇の動きと声がぴったりなので違和感がない
  • アニメ版との違和感がない

【デメリット】

  • 画面に集中できない
  • 小さいお子さんは漢字が読めないことも
  • 音楽は言葉でなく、音を楽しむしかない

どちらのバージョンが良い?

さぁ、以上を踏まえて検討した結果を発表します。

まずこの映画の鍵は、「ミュージカル要素が大きい」ということです。

特に前半は歌が多く、歌唱力が問われます。

そのどれもがとても楽しく素敵な曲で、つい映画を観終わっても口ずさんでしまうほど!

それだけに、吹き替え版もとても素晴らしかったものの、ミュージカル好きな方には少し物足りない部分があったかもしれません。

また、アニメ版に親しまれている方には違和感を感じたという声が多かったようです。

その点で字幕版の方が、アニメ版に忠実に、そして細かい心理描写を徹底的に表現しており、歌唱力も抜群です。

撮影前にあれほどエマ・ワトソンが心配していたのがウソのように、彼女の歌声も透き通って愛らしいものでした。

ちょい悪な感じの野獣も、ダン・スティーヴンスが上手に演じていましたね。

実はダンは気絶しそうな程の重労働を、毎日12時間も現場でこなしていたのだそうですよ。

と言うわけで、どちらか一方を観るとしたら、字幕版がおススメです!

実写版【美女と野獣】は、何度でも観たくなる映画だと言えるでしょう。

ということで、2度観れる方はぜひ、字幕版を観て感動を味わってから、吹き替え版を観ることをおススメします。

そうすることで両者の違いまでも楽しむことができるでしょう。

また、3年前にフランスで撮影された実写映画【美女と野獣】もご覧いただくことをお勧めします。

この作品はディズニーが描かなかった王子の真実、心の闇が描かれているからです。

フランス芸術の世界にどっぷり浸かって、王子の獣のような荒々しさと弱さ、そして惹かれ合っていても意地を張ってしまうプライドの高さなど、ドキドキしながら観ていただきたいと思います。

さて、美女と野獣ファンにはたまらない、【美女と野獣の世界展】が東京で開催されています!

実際にエマ・ワトソンが着たまばゆいほどのドレスや、野獣の気高い衣装、そしてガラスドームに入ったバラの花も来日しています。

※期間限定なのでお見逃しなく!

グッズショップでは、映画のサントラCDが吹き替え版・オリジナル版共に販売されていますので、お楽しみに!

こちらの展示会には、是非【美女と野獣】をご覧になってから訪れてみてくださいね。

映画で出てきた小道具たちがどんな風なのか、どんな細工がしてあるのか、楽しめることでしょう。

それから字幕版の映画をご覧になる前には、先にアニメ版を観てからがおススメです!

そうすればストーリーの流れも良く分かり、多少画面を観れなくても大丈夫だと思います。

どうぞ素晴らしい音楽と共に、名作を楽しんでくださいね!


Sponsored Links