ヨーロピアンスタイル | 旅行、文化、経済、イベント、エンタメなど現地各国の様々な情報を紹介

We are a bridge between Japan and Europe .

イースターエッグの作り方!工作好きなら知っておきたい、うさぎとたまごの意味とは。

約 1 分
イースターエッグの作り方!工作好きなら知っておきたい、うさぎとたまごの意味とは。

イースターは、ヨーロッパではクリスマスと並んで超重要なイベントです。

ディズニーランドでもカラフルなうさぎが登場し、可愛くて楽しいお祭りになっていますよね。

でも、どうしてイースターはうさぎや卵が登場するのでしょうか?

そもそも、イースターはどんな日なのでしょうか?

ここではそんな疑問にお答えし、ご自宅で楽しく工作できるイースターエッグの作り方を動画でご紹介します!


Sponsored Links

イースターとは。今年はいつ?

カラフルなイースターエッグとうさぎたち

イースターとは、日本語では復活祭のこと。

キリストは弟子のうちの一人に裏切られ、十字架に架けられてお亡くなりになりました。

しかしキリストは事前に予言した通り、亡くなった3日後の日曜日に復活し、人々の前に現われたとされています。

キリストが起こした数々の奇跡の中で、この復活こそが最大の奇跡。

そのため、復活祭(イースター)として祝っているのです。

クリスマスはキリストの誕生を祝う日で、ヨーロッパで最も重要な日でしたね。

そしてイースターは、キリストの奇跡の復活を祝う日として、クリスマスと同じくらい大切にされているのです。

今年のイースターはいつ?2017年4月16日(日)

イースターは春分の日以降の最初の満月が出た、次の日曜日と決められています。

そのため、毎年日付が変わりますが、いつも日曜日に祝われるのですね。

春分の日を過ぎ、これから春の訪れを待つ季節にキリストが復活された…!

人々はキリストの復活であるイースターを、春の季節を迎えることと合わせて喜び祝うようになったのです。

春といえば、カーニバルが思い浮かびますね。

実は、カーニバルはイースターと深い関係があるのです!

だんだん知識がつながってきましたね♡

天使の月曜日

さて、キリスト教の強いヨーロッパの国々では、イースターの日曜日の翌日の月曜日も、重要な祝日とされています。

そこにはキリストの復活にまつわるこんなエピソードがあるためです。

十字架にかけられたキリストの亡骸を、弟子たちは洞窟の中に運びました。

そして大きな岩で洞窟の入り口を塞ぎました。

悲しみに暮れた弟子たちは、静かに帰宅しました。

そして週が明けた最初の月曜日、弟子の女性たちが香料を持って洞窟へ行くと、驚くべきものを目にしました。

なんと、入り口に置いていた大きな岩が移動され、洞窟が開いているのです。

慌てて中を覗くと、キリストはどこにも見つかりません。

途方に暮れた女性たち。

すると彼女たちの目の前に、輝く天使が現われ、こう言ったのです。

「あの方はここにはおられません。蘇られたのです。

以前あの方があなた方に予言されたことを思い出しなさい。

十字架に架けられ、3日目に蘇ると言われたでしょう。」と。

そのため、キリストが日曜日に復活した翌日の月曜日は、「天使の月曜日」として祝日とされたのです。


Sponsored Links

うさぎとたまごの意味とは?

チョコレートのイースター・バーニーとイースター・エッグ

さて、イースターの季節になると、ヨーロッパの国々ではあちらこちらでうさぎたまごのモチーフでいっぱいになります♡

それぞれ、どんな意味があるのかご説明しましょう。

イースター・エッグ

卵はキリストの誕生するより古くから、生命の誕生のシンボルとされていました。

そのため、春の訪れを祝う頃には、固くゆでて腐りにくくした卵を飾る風習があったのです。

そしてキリストの流した血によって世界が救われるという意味で、卵を赤く色付けするのが主流でした。

イースター・バニー

野うさぎは子どもをたくさん産むことから、生命の復活と繁栄のシンボルでした。

また、古代にはうさぎは雌雄同体と信じられており、自分で繁殖することができるとされていました。

それが聖母アリアとうさぎとの関連付けとなり、中世の西方教会では、うさぎは教会のモチーフとして多用されていたのです。

また、ドイツの古い民話では、春の訪れにうさぎが子供たちにプレゼントを運んでくるというものがありました。

これらの理由が合わさって、イースターにはうさぎが卵を運んでくる、とされるようになったのです。

そこから、うさぎが運んできた卵をまず隠し、子供たちがそれを探すという風習が生まれました。

英語圏の国やドイツでは復活祭の朝、子供たちが家の内外に隠された卵を探すゲームで盛り上がります。

誰が一番多く見つけたかを競う場合も!

また、フランスやイタリアでは、教会の鐘が卵を運んでくると言われます。

恋人や子供など大切な人に、イースターエッグをプレゼントするのも風習です。

チョコレートで作られたイースターエッグなどもあり、中にはプレゼントが入ったものも♡

開けてびっくり、楽しいですね!

イースターエッグの作り方!ゆで卵で簡単に工作☆

見つけた卵がきれいにデコレーションされていたら、とっても嬉しいものですよね!

上の動画は子どもたちに大人気のポケモンエッグとなっていますが、同様の方法で様々なアレンジができますね。

アレンジ方法

ビニールテープをハート模様に切り抜き、ゆで卵にペタペタ貼ります。

(既に型どられたシールを貼ってもOK!)

そのまま食紅水に5分浸し、乾いてからビニールテープをはがせば、簡単に二色のエッグのできあがり!

更にそれを別の色の食紅水で色を付けても可愛いですね♡

食紅を使う場合、中の卵は食べられますので経済的!

※食紅水の中にグリッターのりを溶かし入れておけば、キラキラエッグの完成です。

イースターがヨーロッパでとても重要だということ、おわかりになりましたでしょうか。

それを知った上でこのイベントに参加すれば、もっと喜びが大きくなることでしょう。

今年も良いイースターの季節をお迎えくださいね!


Sponsored Links