ヨーロピアンスタイル | 旅行、文化、経済、イベント、エンタメなど現地各国の様々な情報を紹介

We are a bridge between Japan and Europe .

本物のオリーブオイルおすすめランキング!イタリアが選んだ安全で高品質な製品の見極め方とは。

約 1 分
本物のオリーブオイルおすすめランキング!イタリアが選んだ安全で高品質な製品の見極め方とは。

世界のオリーブオイル生産量No.1は、イタリア!

そのイタリアで最も美味しいエクストラバージンオイルに選ばれたものを、ランキングでご紹介します。

それぞれの特徴や、ぴったりの料理もまとめました。

日本ではなかなか手に入らない本物の味を、是非味わっていただきたいと思います。

イタリア旅行に行った際などにも、参考にしてくださいね!


Sponsored Links

オリーブオイルの分類と信頼できる表示

EU認証のマーク

国際オリーブ協会(IOC)によって、オリーブオイルはその酸化のしにくさや製法により大きく3つの種類に分けられています。

  • バージンオリーブオイル:化学的処理なしで、オリーブの果汁をろ過しただけのもの
  • 精製オリーブオイル:化学的に還元して酸度を小さくしたもの
  • オリーブオイル(ピュアオリーブオイル):バージンオリーブオイルと精製オリーブオイルを混ぜたもの

上記のうち、最も高品質なバージンオイルも4つに分類されますが、その中でも最も酸化しにくく高品質なものがエクストラバージンオリーブオイルなのです。

世界規格と日本規格の基準に差があるため、日本では世界よりも品質の低いものも「エクストラバージンオリーブオイル」として売られていることがあります。

それならば、イタリア産の品質の確かなものを買いたいですよね!

そんな時に指標となるのが、EU規格に適合した証明となるマークなのです。

安全で高品質なオリーブオイルの見極め方

ヨーロッパの厳格な検査に通った証明マークと保存容器を知っておきましょう。

  • DOP(Denominazione di Origine Protetta):その町や村で摂れた作物を使い、全ての工程をその土地で行われたことを証明する最高ランクのマーク。
  • IGP(Indicazione Geografica Protetta):DOPよりも制限が緩く、「他所で摂れた作物を使ってこの土地で製造した」など、1工程だけその土地で行えば与えられるマーク。それでもEUの厳しい規格に適合した信頼できる製品です。
  • BIO:原料から肥料まで、人工的に手を加えず、自然のままに栽培し、加工したものの証明。年に2回の厳しい検査を通過したものに与えられる。
  • 容器:できる限り酸化が進まないよう、プラスティックボトルよりもガラス瓶、透明よりも色付きの瓶に入ったものを選ぶと良いでしょう。

Sponsored Links

本物のオリーブオイルおすすめランキング10~6位

それでは、イタリアで厳正なる審査によって選ばれたエクストラバージンオリーブオイルをランキング形式でご紹介します。

ラベル内に書かれたものが製品名、後ろに書いてあるのがブランド名です。

オリーブオイルランキング10~6位

10.Monocultivar Nocellara del BeliceTenuta Librandi Pasquale

Nocellaraという種類のオリーブのみで作られた、カラブリア州産のエクストラバージンオリーブオイル。

トマトとミント、バジルのノートが特徴です。

フルーティで優しい味わいなので、焼き魚や生野菜におすすめです。

9.Monocultivar CoratinaIntini

Coratinaという種類のオリーブのみで作られた、プーリア州アルベロベッロ産のエクストラバージンオリーブオイル。

フルーティな風味にアーモンドとアーティチョークを思わせるノートが特徴。

少し苦みがあり、長く味わいが残ります。

ミネストローネ、レンズマメのスープ、焼いた肉、焼いた魚の料理に合います。

8.MimìAzienda Agricola Donato Conserva

Ogliarola barese、Cima di Melfi、Coratinaというオリーブのブレンドで作られた、プーリア州産のエクストラバージンオリーブオイル。

草原やレタスを思わせるノートにアーモンドとアーティチョークの風味が特徴です。

少々苦みと辛味があります。

焼いた肉に最も合います。

7.Ruggente Chianti ClassicoCastel Ruggero Pellegrini

Frantoio、Moraiolo、Leccinoというオリーブのブレンドで作られた、トスカーナ州キャンティ地方産のエクストラバージンオリーブオイル。

爽やかな草原の香り、アーモンドとアーティチョークを思わせる風味が特徴です。

ほんの少しの辛味があります。

茹で魚、生野菜、茹で野菜、焼いた肉にも合います。

6.Olio Evo Monovarietale MoraioloLa Ranocchiaia

Moraioloという種類のオリーブのみで作られた、トスカーナ州キャンティ地方産のエクストラバージンオリーブオイル。

アーモンドの香りとフレッシュな味わい、ほんの少し感じる辛味が人気です。

焼き魚、茹で魚、煮込み肉、茹で野菜にぴったりです。

おすすめランキング5~1位

オリーブオイルランキング5~1位

5.Don GioacchinoLeone Sabino

アーモンドとトマトの青々しい香りが特徴の、プーリア州産のエクストラバージンオリーブオイル。

少々苦みがあり、ビターアーモンドとチコリーの風味を感じさせます。

赤身の肉、レンズマメのスープ、サラダ、カブソースのパスタに合います。

4.Veneranda 19Tenuta Zuppini

フルーティで草原とアーティチョークを思わせる香り。

味は強く、少々の苦みと辛味を感じさせる、アブルッツォ州産のエクストラバージンオリーブオイル。

ステーキにかけたり、ブルスケッタにも良く合います。

3.Grand CruFonte di Foiano

MaurinoとFrantoio、Moraioloというオリーブをブレンドして作った、トスカーナ州産のエクストラバージンオリーブオイル。

グリーントマトの青々しいノートが特徴。

味は強めで少々苦みがあり、アーティチョークを思わせます。

牛肉のカルパッチョ、マグロステーキ、ブルスケッタ、レンズマメのスープに良く合います。

2.Monocultivar MaurinoAzienda Agricola Giacomo Grassi

Maurinoというオリーブのみで作られたトスカーナ州キャンティ地方産のエクストラバージンオリーブオイル。

ローズマリーとセージを思わせるハーバルノートが特徴。

特に女性が好む優しい味わいで、魚料理に合います。

1.SuperboAzienda Agricola Quattrociocchi

農薬を使っていないBioで、Moraioloというオリーブのみで作られた、ラツィオ州産エクストラバージンオリーブオイル。

フルーティな味わいで、レタスとアーティチョークを思わせるノートが特徴。

ミントとバジルの風味に少々辛みを感じさせます。

前菜に合い、ポルチーニ茸料理やブルスケッタ、タコのサラダなどにぴったりです。

焼いたステーキにこのオリーブオイルと塩、ブラックペッパーでいただくのも美味です。

皆様に、是非本場イタリアのおいしすぎるエクストラバージンオリーブオイルを味わっていただきたいと思います。

どうぞ楽しんでくださいね!


Sponsored Links