ヨーロピアンスタイル | 旅行、文化、経済、イベント、エンタメなど現地各国の様々な情報を紹介

We are a bridge between Japan and Europe .

ドイツのビールメーカーまとめ。種類や銘柄でジョッキが違う?

約 1 分
ドイツのビールメーカーまとめ。種類や銘柄でジョッキが違う?

毎年10月にドイツと日本で開催されるドイツビールのお祭り、オクトーバーフェスト

ドイツビールの芳醇なホップの香りやコクは、日本でも大変人気がありますね。

ドイツでは500年前にバイエルン公国で定められた「ビール純粋令」という、ビールの原料は「麦芽、ホップ、水、酵母」のたった4つだけ!という決まりがあるのです。

そのおかげでドイツのビールの品質は高く保たれ、全国に1300軒以上のビール醸造所があり、5000種類を超える地ビールが作られているのです。

その土地の水の硬度や麦の種類、ホップの品質、発酵方法の違いなどから、5000種類の味わいが生まれるなんて、素晴らしい叡智ですよね!

そして面白いのは、ビールのおいしさを最大限引き出す、ぴったりなジョッキがちゃんと考えられていることです。

まずはドイツビールの種類の大別と、各種ビールにぴったりのビールジョッキ、そして絶対に押さえておきたい有名なビールメーカーをご紹介していきます。


Sponsored Links

発酵方法は2種類!

ビールと麦とホップ

ドイツビールは発酵のさせ方により、大きく分けて2つに分かれます。

下面発酵ビール

5℃くらいの低温で発酵させるビール。

最終段階で酵母が下に沈んでいくのが特徴です。

ラガービール」とは、下面発酵ビールのことです。

例:ピルスナー、へレス、シュヴァルツ、ミュンヘナーなど

上面発酵ビール

20℃前後の高温で発酵させるビール。

発酵している間に酵母が浮き上がってきます。

例:ヴァイスビア、ケルシュ、アルトなど

自然発酵ビール:空気中に存在する自然酵母菌により、自然に発酵させるビールですが、ドイツでは用いない製法。主にベルギーで製造されています。

各種ビールの特徴と、ぴったりのジョッキを紹介します

ビールとグラスの組み合わせ

ドイツの家庭においても、各種ビールそのおいしさを引き出すため、種類ごとに選んだジョッキに注ぐのが一般的なのです。

前者4種類は下面発酵、後者3種類は上面発酵です。

ピルスナー(Pilsner)

明るい黄金色をした、苦みと爽やなキレが特徴のビール。

ドイツ全域で飲まれ、売り上げの65%を占める人気の種類です。

爽やかで繊細な味わいを逃さないよう、飲み口が細身のフルートグラスで。

ミュンヘナー(Münchner)

ミュンヘンで醸造された黒ビールの一種。

麦芽のコクがしっかりと感じられる、ドイツ南部とミュンヘンで飲めるビールです。

19世紀に製造された当時は黒に近い色をしていましたが、今は明るい色をしています。

麦芽のコクと香りを楽しむために、口元の開いたラガーグラスで。

シュヴァルツ

ドイツ全域で飲まれ、「」という名の通り、黒い色をしたビール。

1543年には既に製造されており、コクのある香ばしい味わいながら、シャープですっきりした飲み心地です。

のどごしと麦芽の香りを楽しむために、口元の開いたラガーグラスで。

ヘレス(Helles)

ミュンヘンで主に飲まれており、「淡い色」という名の通り、淡い黄金色のまろやかなビール。

ピルスナーよりも苦みが弱く、麦芽の甘みや旨みを感じられます。

麦の香ばしさを一層引き出し、苦みをまろやかにする直線的なジョッキで、勢いよく喉のに流し込んで楽しみます。

ジョッキは勢いよく乾杯をしても壊れないので、お祭りでも良く使われますね。

ヴァイス(Weiße)

バイエルンを中心に南ドイツで飲める、「」を意味するビール。

ビール醸造には大麦を原料とするのが一般的ですが、こちらは白い小麦を使うのが特徴です。

小麦の酸味と独特な香りの効いた、バナナやバニラの香りを思わせる、フルーティなビール。

酵母を濾過しない製法のため白く濁っており、よりナチュラルな味わいです。

色も琥珀色や濃い黄色がありますが、どちらも滑らかな泡立ちがあります。

その豊かな香りと泡を楽しめるよう、グラスの底は狭く、飲み口が丸く膨らんだくびれの美しいグラスで。(500ml)

※同じ製法でも、バイエルン地方以外で作られたものはヴァイツェン(Weizen)と呼ばれます。

ケルシュ

ケルンとその近郊で醸造が許可されているビール。

淡色麦芽のみを使って作るため、色は明るい黄金色で、華やかな香りが特徴です。

爽やかで軽いのど越しを楽しむため、きゅっと飲み干せるサイズのグラスでいただきます。

「棒、竿」という意味のシュタンゲ(Stange)と呼ばれる200mlの直線的な細いグラスに注ぎ、何度もお代わりをして楽しむのですよ。(そのため、椀子ビールとも)

アルト

デュッセルドルフやその近郊で作られる、「古い」を意味するビール。

伝統の製法で、濃色大麦麦芽のみを使用し、色は暗い茶褐色です。

ホップの香りと深い味が特徴的な味わい。

こちらも200mlながら、ケルシュよりも少し太めの安定感あるグラスで。


Sponsored Links

ドイツの有名ビールメーカーは?

ビールサーバー

それでは、ドイツの誇る人気メーカーと、代表的なビールの銘柄と特徴をご紹介しましょう!

  • ベックス(Beck’s):【ピルスナー】麦芽とホップのバランスが良く、輸出量No.!で、世界中で楽しまれています。
  • イェヴァー(Jever):【イェヴァー・ピルスナー】しっかりした苦みと爽やかな飲み心地。これぞピルスナー!と感じられます。

  • シュパーテン(Spaten):【シュパーテン・ミュンヘナー・ヘル】600年以上の歴史ある老舗ビール醸造メーカー。苦みは控えめ、ホップの香りの芳醇な、ライトなビール。
  • アンデックス(Andechs):【アンデックス・ヴァイツ・ヘル】1455年創業の醸造所。森鴎外も愛した、酵母の残された濁りがコクとなり、飲みごたえがありながらもフルーティで瑞々しい甘さを感じるビールです。
  • ビットブルガー(Butbyrger):【ビットブルガー・ブレミアムピルス】1817年創業で、最高級の原料にこだわっています。微かに感じる黒コショウのスパイシーな香りがアクセント。
  • ヴェルテンブルガー(Weltenburger):【ヴェルテンブルガー・バロック・デュンケル】世界最古の修道院醸造所。苦みが強くボディのしっかりした、深い味わい。
  • エルディンガー(Erdinger):【エルディンガー・デュンケル】1935年創業、バイエルンを代表する醸造所。苦みは少なくクリーミーで、甘みと小麦の微かな酸味が特徴です。
  • パラウナー(Paulaner):【パラウナー・ヘーフェ・ヴァイス】1634年創業で、パラウナー修道院の製法を継承。ヴァイスビールで世界一と言われています。柑橘系のさっぱりとした甘い香りが飲みやすいビール。
  • ケストリッツァー(Köstritzer):【シュヴァルツ】1543年創業の醸造所。さっぱりしていながらも、ローストした大麦麦芽による、ビターチョコレートのような味わいのビール。ゲーテが愛飲したことで有名です。
  • ドム(Dom):【ドム・ケルシュ】ケルン大聖堂のラベルが嬉しい、フルーティーで軽い飲み心地のビールです。
  • ハンネン(Hannen):【ハンネン・アルト】1725年創業の醸造所。香ばしい香りとコクがあり、まろやかな舌触りが特徴です。後味も濃厚で飲みごたえがあり、肉料理とも合います。食後酒にも。

ここに挙げたのは、ドイツの有名ビールのほんの一部分にすぎません。

ドイツでは年間一人当たり100リットル以上のビールが消費されており、水が140リットルですので、水のようにビールを飲んでいるとも言えます。

現地のレストランでも、水やジュースよりもビールの方が値段が安いのですよ!

面白いことに、日本のようにキンキンに冷やさず、8℃前後でいただくのがドイツ流。

実はその方が、コクと旨みを一番味わえるのです。

皆さんも是非、驚くほど味わいの異なるドイツの地ビールを、8℃前後で味わってみてください!

きっとその芳醇な香りに、やみつきになってしまうことでしょう。


Sponsored Links