ヨーロピアンスタイル | 旅行、文化、経済、イベント、エンタメなど現地各国の様々な情報を紹介

We are a bridge between Japan and Europe .

蜂蜜の効能を種類別に紹介!寝る前のケアでのどに効くヨーロッパ伝統の万能療法とは。

約 1 分
蜂蜜の効能を種類別に紹介!寝る前のケアでのどに効くヨーロッパ伝統の万能療法とは。

ヨーロッパを旅すると、スーパーにも珍しい蜂蜜がずらりとならんでいますよね!

それぞれに風味が異なり、更には用いられる用途も特徴があるのをご存知でしたか?

「蜂蜜の歴史は人類の歴史」ということわざがあるように、蜂蜜は古来から食べるだけでなく薬用にも用いられてきました。

紀元前1300年頃には既に、蜂の巣を煙でいぶし、蜂蜜を採取していたことがスペインのアラニア洞窟の壁画からわかっています。

その後紀元前3000年のエジプト時代には、養蜂が行われていた記録が残っているのです。

ギリシャ神話では神アリスタイオスが人類に蜂蜜を与えたとされており、蜂蜜の歴史の長さが伺えますね。

数千年もの歴史の中で、ヨーロッパでは蜂蜜の種類ごとに異なる効能を期待して、様々な用途で活用してきました。

ここでは蜂蜜の種類と期待される効能、そしてヨーロッパに古くから伝わる伝統療法についてご紹介します。

ヨーロッパは西洋薬が多く使われると思われがちですが、実は昔からの自然由来の療法も大切に受け継がれているのがおわかりになることでしょう。

これが思ったよりもずっと、効果的なんですよ!^^


Sponsored Links

蜂蜜の種類と期待される効能まとめ

蜂とハチミツ

あなたは、何種類のハチミツをご存知でしょうか?

世界には、花の数だけ蜂蜜の種類はある!のです^^

中でも盛んに生産されているハチミツとその特徴、そして期待される効能をご紹介します。

レンゲ

「ハチミツの王様」と呼ばれ、透き通った淡い色合いの美しい、クセの少ない上品な甘さが特徴です。

ほんのりとフローラルな香りがし、お料理にもお菓子にも使い勝手が良いです。

便秘解消、利尿作用、肝機能向上が期待されます。

アカシア

「ハチミツの女王」と呼ばれ、クセのない上品な風味で食べやすいです。

気温が下がっても固まりにくいのが特徴。

解熱、消化器症状の回復、便秘解消にも。

みかんの花

ビターオレンジの香りがほんのりと美味しい、甘酸っぱく爽やかなハチミツです。

黄金色の透明感が美しく、紅茶やヨーグルトにも合います。

咳止め、胃の調子を整える、便秘解消、肌の保湿

マヌカ

ニュージーランドに自生するマヌカ。

多くのビタミン、カルシウム、カリウム、鉄分を含み、昔から万能薬とされ、ニュージランドでは医療機関でも使われているのです。

殺菌力が強く、口腔内の菌や胃内のピロリ菌、腸内の悪玉菌をも抑えてくれると言われているのです!

褐色のハチミツは濃厚でもったりとしたコクがあり、ハーブのようなスパイシーな風味が特徴。

胃腸疾患、虫歯、歯周病、口内炎、喉の痛み、インフルエンザの予防、整腸作用、創傷、火傷などに。

百花蜜

文字通り、たくさんの種類の花から集められたハチミツです。

ヨーロッパでも人気のハチミツです。(ヨーロッパでは「千の花のハチミツ」と表現されます)

どれを選べば良いかわからなければ、こちらを選べば間違いない!と言える基本となるもの。

年によって味が微妙に異なるのも面白い、自然に任せたハチミツ。

どんな料理にもお菓子にもあいます。

ハチミツの基本的な効能として、喉痛、整腸作用、肌の保湿など様々に期待できます。

クリ

クリの花からとれる褐色のハチミツは独特の香りと渋み、香ばしさがあり、焼き栗を思わせます。

鉄分、ビタミン、カルシウムを多く含み、滋養の高いハチミツです。

イタリアやフランスではこの風味が好まれ、焼き菓子や香ばしいパンに用いられます。

貧血、肌のかぶれ、腸内環境改善、抗菌作用、血液浄化、血行促進、疲労回復に。

タイム

濃厚な甘みとハーブ独特の清涼感ある香りが特徴。

栄養価が高く抗酸化作用、坑アレルギー作用があると言われています。

パルミジャーノチーズのようなハードタイプのチーズにかけると香りが引き立ち、とてもおいしいですよ。

その甘みを生かし、煮物や紅茶、焼き菓子、ギリシャヨーグルトにも。

アンチエイジング、湿疹、滋養強壮、抗菌作用、膀胱炎・肺炎予防に。

ラベンダー

爽やかで豊かなフローラルの香りが特徴。

味わいはクセがなく、さっぱりとした甘みのため、お菓子作りにも良く用いられます。

リラックス効果が期待できるので、心を落ち着かせたい時や熟睡したい時に食べてみて下さい。

坑ウイルス作用、抗菌作用、鎮痛作用、鎮静作用、不眠症の改善に。

ローズマリー

イタリアやフランスでは最高級とされるローズマリーのハチミツ。

清涼感のあるハーブの香りが特徴的で、お菓子の香り付けにもぴったり!

肝臓にも良いので、お酒を飲む前に一匙なめてみてください。

胃腸症状改善、鎮痛、視力回復、歯周病、肝機能改善、浄血作用など。

ソバ

鉄分はレンゲハチミツの40倍も!

独特な香りがし、黒砂糖のようにコクのある甘さと少し苦みも感じます。

スパイスの効いた肉料理、そば粉のガレット、ジンジャーブレッド、ずっしりとしたドイツパンなどに合います。

貧血、鎮咳、高血圧改善、免疫力向上、腸内環境改善に。

クローバー

クセのない優しい味わいにフローラルな香りで、どんな料理にもあいます。

滋養強壮、腸内環境改善、疲労回復に。

トチ

独特の甘い香りと柔らかい甘さで、寒くても固まりにくい性質があります。

後味がさっぱりしているため、コーヒーや紅茶、ヨーグルト、フルーツにかけても合います。

滋養強壮、肌の保湿が期待できます。

ユーカリ

キリッとした爽やかな香りが特徴的。

ミネラル豊富で鉄分、カリウム、マグネシウムが特に豊富で、抗菌作用も。

坑ウイルス作用、鎮咳、腸内環境改善に。


Sponsored Links

飲む伝統療法

ハチミツと生姜とレモンドリンク

昔からハチミツは万能薬と言われていました。

スプーン1さじを毎日舐めることで、インスリン分泌を促進して糖尿病を改善したり、高血圧やコレステロール値の改善が研究者たちによって発表されています。

また、ハチミツの持つ抗酸化作用により、アンチエイジングにも効果があると言われています。

昔ながらの効果を期待するには、非加熱の生ハチミツを用いましょう。

但し、1歳未満の赤ちゃんにはハチミツを食べさせるのは避けてください

ハチミツの中にはボツリヌス菌が含まれており、まだ免疫の低い赤ちゃんが口に入れてしまうと乳児ボツリヌス症を発症することがあります。

  • 吐き気がある時:ハチミツと生姜、レモン果汁を混ぜて飲む
  • 眠れない時:ハチミツを加えたホットミルクを飲む
  • 下痢の時:ヨーグルトにハチミツを混ぜて食べる
  • ストレスや痛風がある方に:ハチミツとぶどうジュースを混ぜて飲む
  • 痛みの緩和:ハチミツとワインビネガーを混ぜて飲む
  • エネルギー補給:ハチミツと水、レモン汁を混ぜて飲む

肌に塗る伝統療法(寝る前の蜂蜜でのどをケア!)

ハチミツとオリーブ

ハチミツを飲むと、体の内側から効いてくれることがわかりましたね。

ハチミツはさらに、体の外側からも効いてくれるのです!

今でもハチミツの入った石鹸は人気ですよね。

ハチミツの具体的な使い方をご紹介しましょう。

  • 喉痛:喉に塗り込むようにハチミツを飲みこむ、または麺棒にハチミツをとり、直接喉にたっぷり塗る
  • 火傷や傷跡を残したくない時:傷にハチミツを塗ってガーゼで湿布をする
  • 鎮痛:シナモンを煮だしたシナモンウォーターにハチミツを混ぜたものを患部に塗る
  • 痛んだ髪:コンディショナーとしてハチミツ:お湯=1:5
  • 湿疹:ハチミツとシナモンを同量混ぜて塗る
  • 口臭予防:ハチミツとタイムを同量混ぜ、水で割ってマウスウォッシュとして使う
  • 結膜炎:ハチミツと水を同量混ぜたもので目を洗う
  • 風邪予防:ハチミツをお湯で溶いたものでうがいする
  • フェイスパック:ハチミツ:ヨーグルト=2:1でパックする
  • 肌の保湿:ハチミツとオリーブオイルを混ぜ、お湯で薄めて肌にぬる(赤ちゃんにもOK)

長い歴史の中で、ハチミツが様々に用いられてきたことがおわかりになったと思います。

食べて良し、塗っても良し!

ぜひ質の良い生ハチミツを一つ、お手元においてご活用くださいね。


Sponsored Links