ヨーロピアンスタイル | 旅行、文化、経済、イベント、エンタメなど現地各国の様々な情報を紹介

We are a bridge between Japan and Europe .

ジョニーデップと福山雅治のCM最後のセリフは?バンド活動と愛用のドイツ製ギターを紹介。

約 1 分
ジョニーデップと福山雅治のCM最後のセリフは?バンド活動と愛用のドイツ製ギターを紹介。

パイレーツオブカリビアン5の上映間近に、ジョニー・デップが初めて日本のCMに登場したのをご存知でしょうか?

しかもなんと、高層ビルの屋上という360度のパノラマを背景に、福山雅治と激しいギターセッションを繰り広げているのです。

しかも、最後にイケメン二人は握手とハグを交わし、ジョニーはある言葉を呟いているのです。

ここでは、ジョニーが福山雅治に呟いた英語のセリフの開設、CMの舞台裏、そしてジョニーの知られざるバンド活動、愛用のギターなどをご紹介していきますね!


Sponsored Links

ジョニーデップと福山雅治のCMでつぶやかれたセリフとは

超大物俳優が二人も登場するこのCMは、アサヒスーパードライのもの。

さすが、最近様々な海外有名ビールメーカーを買収しているアサヒの勢いは凄まじいですね!

今年はスーパードライが発売されて30周年という節目。

それを記念して、特別限定醸造商品である「アサヒスーパードライ 瞬冷辛口」が新発売され、その特別感を演出するための抜擢だったというわけです。

何しろ、ジョニーが日本のCMに登場するのは史上初!

しかもジョニーが福山雅治が作曲したギター演奏に合わせ、フィーチャリングセッションを披露しているのです…!

そのお手前は、お見事!

ただ一度だけの特別な商品」を印象付ける、出会ったばかりの二人が繰り広げる息ぴったりのクールすぎる演奏となりました。

その場にいたスタッフたちも全員圧倒され、大興奮だったとのこと。

撮影場所はアメリカはロサンゼルスのダウンタウンビルの屋上。

その風景をバックに、360度の視点で撮影された映像は、かなり貴重と言えるでしょう。

福山雅治は、撮影時のことを振り返り、「音楽やギターを通して、通じ合えた気がして楽しかった。ジョニーはとても優しいんですよね。」と語っています。

そして気になる、ジョニーが福山雅治に呟いた言葉とは。

Big respect,my brother!大きな敬意を捧げるよ、兄弟!)」

なのです!!

かっこ良いですよね!

ジョニーも優しいのでしょうけれど、そう言われる福山雅治もさすがだと思いませんか?

CMも、やっぱり福山雅治がメインです。

身長も3㎝の差とは思えない程、福山雅治が大柄に見えますね。

※ちなみに、福山雅治は181cm、ジョニー・デップは179cmです。


Sponsored Links

ジョニー・デップはバンド活動をしていた!

そう、皆さん驚いたかもしれませんが、ジョニーはギターが上手なのです!

というよりも、昔からバンドを組んでギターを演奏しているのです。

上の動画は2016年の動画ですが、バンド名「バリウッド・ヴァンパイアーズ(Hollywood Vampires)」として演奏しているのです!

しかも、このバンドはアリス・クーパー、ジョー・ベリー(エアロスミス)とジョニー・デップという大物メンバー!

なんと、2016年11月11日には、日本の両国国技館で開催された「Classic Rock Awards 2016」にギタリストとして来日しています。

また、過去にはオアシスやローリング・ストーンズのレコーディングにギタリストとして参加しているのです。

更に、インディーズロックバンドのレコーディングに参加し、そのPV撮影の監督を務めたり、レコードレーベル「UNISON MUSIC」を設立して新人の発掘・支援を行ってもいます。

ちょっと驚きましたね^^

俳優として以外にも、ギタリスト、監督、経営者としても活躍するなんて、マルチな才能を持ったジョニーならではです。

近日公開のパイレーツオブカリビアン5「最後の海賊」では、罠にはめられ殺されてしまう…?

そんな役柄を、ユーモアたっぷり、時に真剣に演じています。

参考:パイレーツオブカリビアン5のキャストとあらすじ&これまでの作品の簡単なあらすじをおさらい!

これまでの作品をおさらいしてからだと、もっと新作を楽しめますね!

愛用のギターを紹介

デューセンバーグのギター

ジョニー・デップ愛用のギターブランドといえば、ドイツの「デューセンバーグ(Duesenberg)」です。

今回のCMでも使用していますね。

このブランドは1978年にドイツで創立した会社ですが、当初はエレキギターのキットを販売するパーツメーカーでした。

ネックなどのパーツを製造して成功し、1986年にギターブランド「デューセンバーグ」が生まれたのです。

その魅力は、「古き良きアメリカ」を思わせる大胆なデザインと、唯一無二のサウンド

そして、全てのパーツが自社開発製品であることで扱いやすく、自由度の高いトレモロユニットとなっているのも魅力の一つです。

ビグズビーを思わせるレトロなデザインと共に、弦の交換もスムーズになっています。

このブランドを愛用する主な有名人は以下です。

  • ロン・ウッド
  • ジョー・ウォルシュ
  • ロビー・マッキントッシュ
  • ミック・ジャガー
  • ヴィンス・ギル
  • カール・カートン
  • ジョン・メイヤー
  • キース・リチャーズ
  • マイク・キャンベル
  • 椎名林檎

日本でのデューセンバーグの知名度を上げたのは、間違いなく椎名林檎が「東京事変」のPVで使用した影響だと言われています。

ジョニー・デップの身体に施されたタトゥーをあしらったジョニー・デップモデルは、世界で限定52本のみ生産されており、1本100万円はするようですよ。

個性的なギターをご希望ならば、おススメのブランドですね。

さぁ、ジョニー・デップと福山雅治のセッションCMが益々楽しめるようになりましたでしょうか。

合成でなく、ちゃんとセッションしているのですから、見応えがありますね。

パイレーツオブカリビアンの新作「最後の海賊」も待ち遠しいですね!


Sponsored Links