ヨーロピアンスタイル | 旅行、文化、経済、イベント、エンタメなど現地各国の様々な情報を紹介

We are a bridge between Japan and Europe .

世界一のチョコレートの祭典!NHKで紹介されたパリの「サロン・デュ・ショコラ」を解説。

約 1 分
世界一のチョコレートの祭典!NHKで紹介されたパリの「サロン・デュ・ショコラ」を解説。

パリで毎年10月下旬から開催される、チョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」

あと一週間で始まるこの祭典の詳細を、ご紹介します。

グルメなスイーツファンの方々は、今年もこのイベントに参加するべく、予定を組んでおられるのではないでしょうか。

この祭典では、世界中から集まるショコラティエやパティシエが、ここでしか出会えないような珍しいチョコレートを試食させてくれます。

しかも、このイベントは年が明けてから日本各地にやってくるのです…!(2013年から毎年日本でも開催されています。)

ヨーロッパの美しく高級なチョコレート、是非食べてみたいですよね。

でも、チョコレートの原料であるカカオ豆は、南アメリカ原産ですよね…?

「サロン・デュ・ショコラ」をより楽しむためにも、まずはチョコレートの歴史からお話ししましょう!


Sponsored Links

知っておくべき、チョコレートの歴史

カカオの実

チョコレートの元になった食べ物は、紀元前2000年頃、メソアメリカ(現在のメキシコ南部、中央アメリカ)で生まれました。

メソアメリカにはマヤ文明やアステカ王国など、アメリカ先住民族が高度な文明を築いていた地域です。

その頃は、カカオの果実を発酵させ、取り出した種(カカオ豆)をすりつぶして水やお湯に溶かしていました。

そこへバニラや唐辛子などのスパイスを混ぜ、薬用や強壮用として飲んでいたのです

当時からカカオは珍重されており、貨幣としても扱われていたほど。

それがどのようにしてヨーロッパに伝わったのでしょうか?

カカオのヨーロッパ伝来

コロンブスと船

カカオを初めてヨーロッパに伝えたのは、なんとイタリア人航海士のコロンブスです!

コロンブスはスペイン国王の援助を受け、新大陸であるアメリカ大陸を発見し(インドだと思い込んではいましたが)、1502年に初めてカカオをスペインに持ち帰ったのです。

けれどもコロンブスは、マヤ族がカカオの実を大切にしているので持ち帰っただけで、使い道を理解してはいませんでした。

その後1544年、マヤ族がスペイン皇太子を訪問した際に、カカオは飲料として宮廷に運ばれ、そのおいしさにスペイン中の王侯貴族たちが虜になったのです。

そして、当時の強い苦みをまろやかにするために砂糖や牛乳、コショウやシナモンなどが加えられ、飲みやすいものに変わっていきました。

スペイン語では「チョコラテ(chocolate)」。(英語のつづりは今と同じですね。)

それでもまだ、チョコレート飲料の普及はヨーロッパではスペインと、スペインに併合されたポルトガル、オランダのみでした。

スペインからフランスへ伝わったチョコレート

ヴェルサイユ宮殿

1615年にスペイン王女アナ・マリア・マウリシアがフランス王ルイ13世に嫁いだ時、チョコレートがフランスに伝わったと言われています。

更にその息子であるルイ14世も、1661年にスペイン王女マリア・テレサを妻に迎えました。

その時、マリア・テレサはチョコレートを飲む道具一式と、優秀なチョコレート職人と一緒にフランス王宮に嫁いだのです。

チョコレートは嗜好品としてだけではなく薬としても扱われており、王室薬剤師がチョコレート職人でもありました。

ルイ15世も自分でチョコレートを準備するほどチョコレート好きでしたし、ルイ16世の妻であるマリー・アントワネットも無類のチョコレート好きだと伝えられていますね。

砂糖のたっぷり入った高価なチョコレートは、王侯貴族だけのもの。

チョコレート液にオレンジフラワーや甘いアーモンドを加えるなど、贅を尽くしたアレンジがされていました。

その後17世紀後半にはフランスの市民層にもチョコレートが普及し、世界へと伝わっていきました。

19世紀にはポルトガル、イギリス、スペイン、ベルギーなどが植民地にカカオの木を育て、チョコレート産業を興していきました。

飲料から固形の食べるチョコレートになったのは?

飲料のチョコレート

長い間、チョコレートは飲み物でしたが、19世紀の産業革命により、新技術により固形のチョコレートが発明されました。

どのように革新が進んだか、順番に見てみましょう。

  1. 1828年にオランダのコンラッド・ヨハネス・バン・ホーテンが、カカオを圧縮してココアパウダーとココアバターを分離する方法を発明。さらに、カカオにアルカリ処理を行うことで、苦味を和らげる方法も考案。
  2. 1847年にイギリスでジョセフ・フライが、固形チョコレートを発明。
  3. 1875年にスイスの薬剤師であるアンリ・ネスレと、チョコレート職人のダニエル・ペーターが、ミルクチョコレートを開発。
  4. 1879年にはスイスのロドルフ・リンツの新技術により、ざらついていた固形チョコレートが、滑らかな口当たりに変化。

上記四つの大発明は、「チョコレートの4大技術革命」と呼ばれています。

これが、現在のチョコレートの元になりました。


Sponsored Links

チョコレートの有名なヨーロッパの国と、ブランド名は?

バラの花びらが乗った美しいチョコレート菓子

世界中で愛されるチョコレートですが、国によって様々な特徴があります。

ここでは特に有名なチョコレートの国と、有名ブランドをご紹介しましょう。

フランス

フランスのチョコレート

スペインから伝わったチョコレートを王宮付きの薬剤師がアレンジしていました。

飲み物として、また、マリー・アントワネットの苦い薬を包む方法としても活用したのです。

【特徴】

美食の国フランスらしく、見た目にも美しいボンボン・オ・ショコラ(一口サイズのチョコレート)が主流です。

洋酒やナッツ、クリームを贅沢に使うのも、宮廷から続く歴史があるからこそ。

チョコレート専門店も多く、宝石のような美しさに胸が躍ることでしょう。

【有名なブランド】

  • ラ・メゾン・デュ・ショコラ(La Maison du Chocolat)
  • ピエール・エルメ(Pierre Hermé)
  • ダロワイヨ(Dalloyau)
  • パトリック・ロジェ(Patrick Roger)
  • クリストフ ルッセル(Christophe Roussel)
  • マルキーズ・ド・セヴィニエ(Marquise de Sévigné)
  • ミッシェル・クルイゼル・ショコラ(Michel Cluizel Chocolates)
  • プラリュ(Pralus)
  • リシャール(Richart)
  • ヴァローナ(Valrhona)

ベルギー

ベルギーのチョコレート

ベルギーは17世紀にスペインの支配下にあったため、チョコレートの文化も伝わりました。

その後19世紀には、ベルギー国王がコンゴを植民地化し、カカオ栽培を開始した歴史があります。

20世紀後半に、チョコレートの中にナッツクリームなどを詰め込んだプラリネが、ベルギーで誕生しました。

【特徴】

さすがプラリネの発祥の地!

貝殻、ハート、花、ダイヤモンド型など様々な形のプラリネがあり、それぞれで味が異なるのです。

中身のバライエティは驚くほど豊かで、ダークチョコレートの中にベルガモットやサフランのクリームだったり、ビターチョコレートに金柑など、味わいの楽しいものばかりです。

【有名ブランド】

  • ゴディバ(Godiva)
  • ノイハウス(Neuhaus)
  • ギリアン(Guylian)
  • ピエール・マルコリーニ(Pierremarcolini)
  • デルレイ(Delrey)
  • レオニダス(Leonidas)
  • ガレー(Galler)
  • ヴィタメール(Wittamer)
  • コートドール(Coted’OR)

イタリア

イタリアのチョコレート

エスプレッソコーヒーが大好きなイタリアでは、チョコレートも味や香りが香ばしいものが好まれます。

エスプレッソと一緒にチョコレートが出されることもあり、コーヒーに負けない深い香りが求められ、カカオ豆は深炒りです。

【特徴】

ヘーゼルナッツなど、地元のナッツ類をふんだんに使ったものが多いです。

甘くて口どけが良いのが特徴。

ナッツの香ばしさがコーヒーに良く合い、大粒なため、男性にも人気です。

【有名ブランド】

  • バビ(Babbi)
  • コヴァ(Cova)
  • カファレル(Caffarel)
  • アメデイ(Amedei)
  • バラッティ(Baratti)
  • フェレロ(Ferrero)
  • ギラデッリ(Ghirardelli)
  • グイド・ゴビーノ(Guido Gobino)
  • ペルジーナ(Perugina)

スイス

スイスのチョコレート

甘いミルクチョコレート発祥の地。

広大な牧草地で育てられた乳牛の、栄養たっぷりのミルクを用いており、コクとなめらかさが特徴です。

【特徴】

ミルクチョコレートはコクがあって美味。

シンプルなパッケージが清々しい印象で、男性にも人気です。

【有名ブランド】

  • リンツ&シュプルングリー(Lindt & Sprüngli)
  • ブロンデル(Blondel)
  • トイスチャー(Teuscher)
  • ネスレコンフェクショナリー(Nestle’Confectionery)
  • カイエ(Cailler)
  • ファバラジー(Favarger)
  • フライ(Frey)
  • レダラッハ(Läderach)
  • スシャール(Suchard)
  • トブラローネ(Toblerone)

イギリス

イギリスのチョコレート

世界で初めて、チョコレートの作り方を発明したイギリス。

紅茶に合うよう、紅茶の繊細な香りの邪魔にならないものや、紅茶のおいしさを更に引き立てる香りのものが好まれます。

【特徴】

板チョコレートが主流です。

スミレやバラなど花のエッセンスを加えたものなど、様々なフレーバータイプがあり、女性に大変人気!

ミントチョコもイギリス発祥です。

伝統のブリティッシュスタイルを重んじる国らしく、重厚な味わいがあります。

【有名ブランド】

  • キャドバリー(Cadbury)
  • グリーン&ブラックス(Green & Black’s)
  • プレスタ(Prestat)

スペイン

スペインのチョコレート

ヨーロッパで一番最初にチョコレートがもたらされた国だけあって、アメリカ大陸から伝わったチョコレートの原型を少しとどめています。

【特徴】

カカオが多く含まれ、砂糖は少なめ。

各地方の果物やナッツ類を用いたチョコレートが多いです。

【有名なブランド】

  • カカオサンパカ(Cacao Sampaka)
  • オリオールバラゲ(Oriolbalaguer)

オーストリア

オーストリアのあチョコレートケーキ

ハプスブルク家の影響が色濃い、濃厚な高級チョコレートが有名です。

こってりと濃厚な味わいのチョコレートケーキ(ザッハトルテ)が有名ですが、チョコレートも深い味わいです。

【特徴】

お酒を効かせたこってりした味や、甘いジャムが入ったものが主流です。

包装の美しいデザインも魅力の一つです。

【有名ブランド】

  • デメル(Demel)

ぞの他にも、ドイツのコペヌール(Coppeneur)やヴィヴァーニ(Vivani)、ルクセンブルクのジェナヴェ(Génaveh)もとても有名です。

世界一のチョコレートの祭典【サロン・デュ・ショコラ】2017年パリでの開催は?

靴やバラの花の形をしたチョコレート

ご説明したように、ヨーロッパのチョコレートは、スペインやオーストリア、フランスの宮廷生活で愛されてきた歴史を、今に受け継いでいます。

そして各国の王家御用達のチョコレートや、老舗のチョコレートたちが勢揃いするのが、年に一度パリで開催される「サロン・デュ・ショコラ」なのです。

この世界一のチョコレートの祭典に、世界中から名立たるショコラティエたちが集まり、宝石のようなチョコレートを紹介してくれます。

チョコレートの販売や試食だけではなく、チョコレートのレシピやデモンストレーション、チョコレート細工の展示など、毎日楽しいイベントが盛りだくさん!

今年のサロン・デュ・ショコラ

サロン・デュ・ショコラの様子

2016年10月28日(金)~11月1日(火)

パリのポルト・ドゥ・ヴェルサイユ(Porte de Versailles)にて開催されます。

1995年から毎年開催されており、今年は第22回目。

開場ブースの総面積はなんと2万㎡で、5日間で12万人もの人が訪れます。

10月27日に前夜祭があり、入場チケットは一人35ユーロで購入できます。

【プログラム】

19時~オープニング

20時~チョコレートファッションショー(チョコレートならではのハプニングやサプライズが、いっぱいつまっています!)

そう、このチョコレートファッションショーがとっても素敵なんです!

モデルさん達が身に纏う美しいドレスが、チョコレートでできているのです。

まさかこのドレープがチョコレートだとは…と驚くと共に、観客たちは甘い香りに包まれ幸せな気持ちに!

【ライブパフォーマンス】

有名なグループであるチルコメディエ・ムシカーレ(Circomedie Musicale)によるティメオ(Timéo)の公演があります。

指揮者はAlex Goude。

【チョコレートアート】

毎年会場を飾る、大注目のチョコレートアート。

今年は、パリの小さなアトリエ、ル・ショコラ・デ・フランセ(le Chocolat des Français)のショコラティエ、Richard Orlinski氏が、巨大ゴリラを担当!

そして、ベルギーのチョコレートブランド「レオニダス(Leonidas)」は、チョコレートのエッフェル塔を担当することになっています。

ニューヨークタワーによじ登るキングコングを思い浮かべますが、さぁ、どんな仕上がりになるのでしょうか、楽しみですね。

見どころいっぱい、体験いっぱいの5日間ですが、なんとこの祭典は日本にも毎年やってくるのです!

一流のショコラティエの芸術にまで高められたチョコレートたちを、是非お手にとってみてください。

これまで2013年から2016年まで、毎年1月の終わりから2月14日まで開催されています。

まだ未発表ではありますが、2017年も1月終わりから開催されることでしょう!

長い歴史をもったチョコレートの魅力と、サロン・デュ・ショコラのわくわくが伝わりましたでしょうか?

是非、本場パリでの祭典にも参加してみてくださいね。


Sponsored Links