ヨーロピアンスタイル | 旅行、文化、経済、イベント、エンタメなど現地各国の様々な情報を紹介

We are a bridge between Japan and Europe .

ウェディングソング【洋楽】ランキングを紹介!歌詞が人気の結婚式の曲とは。

約 1 分
ウェディングソング【洋楽】ランキングを紹介!歌詞が人気の結婚式の曲とは。

人生で最高に幸せな日である、結婚式。

そこに彩りと感動を演出してくれるウェディングソングは、直感がしびれるほど好きな曲にしたいですよね!

でも、人と同じ曲ではツマラナイ…
 
そんな方におすすめしたいのが、ヨーロッパの結婚式や披露宴で大人気の洋楽ランキング

聴いたことのない名曲もたくさん詰まっています。

そこには感動的な愛のメッセージがこもっていて…大切な人との幸せな時間を、より印象的に包んでくれることでしょう。

また、ちょっと趣向を変えてイタリア語のウェディングにぴったりな愛の歌なんていかがでしょう?

それぞれ歌詞と共にご紹介しますので、是非お気に入りの曲を見つけて、オンリーワンの素敵な結婚式にしてくださいね♡


Sponsored Links

ウェディングソング【洋楽】ランキング 1位~5位

桜の花と結婚指輪

日本ではあまり知られていなかったり、耳にしたことはあっても何という曲か知らない…

そんな名曲がたくさん登場しますよ!

時代を経てもなお、「素晴らしいものは素晴らしい」とされるのも、伝統を大切にするヨーロッパならではかもしれません。

歌詞の中でも特に素敵な部分と共にご紹介しましょう。

1.「Your Song」

【Elton John】

1970年発売のアルバム「僕の歌は君の歌」に収録されたバラードで、「完璧に近い、スイートで感動的な愛の歌」と賞賛された曲です。

ジョン・レノンも絶賛したこの曲は、エルトン・ジョン自身も大変満足しており、「これ以上に完璧なラブソングは未だ書いていない」と、最高傑作であることを口にしているほど。

穏やかなピアノのメロディに乗せた優しい歌声は、まるで陽だまりの中で微笑み合い、将来を夢見る恋人たちを思わせます。

愛しい女性を想う男性の心には、いつもお日様が照っている…そんな温かいラブソングです。

二人で幸せな未来を築くのにぴったりな一曲。

入場の時のBGMにも素敵ですね。

僕はそんなにお金持ちじゃないけれど、もしお金があったなら、君と一緒に住むための大きな家を買うよ。

まだ十分じゃないけれど、僕にできる精一杯のことを君に捧げます。

君を想っているうちにできてしまったこの歌、君のための歌が僕からの贈り物だよ。

僕がこの歌を書いている時も、お日様は優しく照らしてくれた。

太陽は君のような人のために輝いているんだと思ったよ。

君がいるこの世界に僕も生きられるなんて、何と素敵なことなんだろう。

2.「Can’t help falling in love with you」

【Elvis Presley】

1961年発表の、エルヴィスの代表的なバラード。

実は、18世紀のフランスで生まれた、ジャン・ポール・マルティーニ作曲の「愛の喜び」が元になっているのです。

エルヴィスの主演した映画「Bulue Hawaii」の中で歌われた曲です。

ピアノで始まるゆったりと美しいメロディーに乗せた、エルビスの甘い声にうっとりしてしまうことでしょう。

邦題は「好きにならずにいられない」です。

物事を性急に行うのは、愚か者のすることだと言われているけれど

ぼくは君と恋に落ちることを止められないんだ。

愛しい人、川が必ず海へと流れつくように、僕たちはそうなっていくよう決められているんだ。

ぼくの手をとって、ぼくの人生も全て受け入れて。

だってもうぼくは、君と恋に落ちることを止められないから。

3.「I will always love you」

【Whitney Houston】

1974年にドーリー・パートンによってリリースされた、「いつまでもあなたを愛している」という意味のラブソングです。

それを1992年にホイットニー・ヒューストンがカバーし、映画「ボディーガード」の主題歌となったことで世界的に爆発的人気を博しました。

実は男女のすれ違いによる別離を歌った曲なのですが、女性が男性の幸せを祈り、愛を謳う歌詞が強く心を打つ作品で、ラブソングとして大変人気があるのです。

ドーリーとホイットニーでは曲の雰囲気が違い、前者は女性としての切なさと前を向く明るさを感じます。

後者は歌唱力の素晴らしさが胸を打つ、感動的な曲となっています。

あなたの邪魔にならないように、私は去るけれど…いつまでもあなたを愛しています。

あなたが穏やかな毎日を過ごせますように。

あなたの夢が全部叶いますように。

私の愛した人、あなたがいつも喜びと幸せに満ちていますように。

あなたに愛が降り注ぎますように。

いつまでもあなたを愛しています。

4.「How Deep is your Love」

【Bee Gees】

1977年にリリースされた、「あなたの愛の深さ」という意味の、ビージーズの大ヒットラブソング。

邦題は「愛はきらめきの中に」です。

晴れた青空とそよ風が吹いてくるかのような、輝きに満ちた歌声は、会場を爽やかに演出してくれることでしょう。

可愛らしい歌詞も、平和で微笑ましいですよね!

朝日の中に君の瞳を知っている。

君は夏のそよ風に乗って現われて、君の愛で僕を温めてくれる。

僕は心の奥底から君を愛してる。

君は暗い日々にいたぼくにとって、導きの光、救世主だったんだ。

君は愛の深さを教えてくれる?

どんなに僕を愛しているか、知りたいんだ。

5.「Kiss Me」

【Sixpence None The Richer】

ポップなメロディーに乗せた、とってもキュートな歌声で、何度も「Kiss me!(キスして!)」と繰り返します。

恋する女の子の可愛さ、喜び、輝きを存分に味わえる、大人気の曲です。

歌詞を読めば、そう!

実は幼い初恋の男の子との、子供心いっぱい、ワクワクがいっぱいのラブソングなのです。

大好きな彼と聴けば、ハッピー&ご機嫌になれちゃうこと間違いなしですね!

入場のBGMとしてもぴったりではないでしょうか♡

たわわに実った麦畑で、そして夜にはきれいな草原でキスしてね!

タイヤのブランコを揺らして、お花の帽子を持ってきて!

あなたのパパの秘密の地図で、宝探しをしましょう。

私たちは揺れて踊るの、あなたはあの靴をはいて、私はあのドレスを着るわ。

夕暮れの空の下でキスしてね!

月灯りの舞台へ連れて行ってちょうだい。

あなたが手を広げたらバンドが鳴り、蛍が躍るの。

月が銀色に輝いているわ、だからキスして!


Sponsored Links

ランキング6位~10位

湖の前の新郎新婦

6.「Through the Barricades」

【Spandau Ballet】

北アイルランドに住む恋人同士の、北アイルランド紛争という大きな壁に阻まれた愛を歌っています。

女性はカトリック教徒の家系、そして男性はプロテスタント教徒の家系でした。

二つの教徒たちは激しく衝突しており、16世紀から続く政府最大の問題でした。

そんな社会の中で宗教を超えて、家族の反対を押し切って愛し合う二人の、美しいラブソングです。

そこには社会を悲観したり恨むのではなく、ただ純粋に二人の愛を信じて進む希望の光が射しているのです。

二人で未来を信じ、力強く生きていく姿を優しく歌い上げているからこそ、この曲は長い間人々に愛されているのですね。

ぼくたちは同じ人間同士だと思っていたけど、境界線を挟んだ別の世界の人間だったんだってね。

でも境界線の反対側に生まれた二人でも、感じることは同じなんだ。

星たちが降りて来て教えてくれるよ、いつだって必ず抜け道はあるんだってことを。

周りを見渡してごらん、ぼくはそこにいるよ。

失うものは何もない、全ては前に進んでいくんだ。

二人の間にあるバリケードなんて超えて、ぼくたちは荒れた世界に愛の種をまいたんだ。

7.「I don’t want to miss a thing」

【Aerosmith】

1998年に発表され、映画「アルマゲドン」の主題歌となって人気を博した、パワー・バラード。

エアロスミスの28年間の活動の中で、この曲が初めての全米シングルチャート1位でした。

目の前の愛する女性のことが、愛しくて愛しくて仕方がない…

そんな全身全霊を込めた熱い想いが、人々に感動を与えるのです。

ただ君の寝息を聴いて、眠りながら見せる笑顔を見つめながら起きていた。

ぼくはこの人生を、この甘い時の中で過ごしていたい。

君と過ごす全ての瞬間が、ぼくの宝物。

目を閉じたくない、眠ってしまいたくないんだ。

例え夢で君との最高の夢を見れたとしても、今目の前にいる君を手離したくないんだ。

君の瞳にキスをして、一緒にいられることを神に感謝しよう。

ぼくはただ、この瞬間を君と一緒にいたいんだ。

ずっと、永遠に。

8.「My Endless Love」

         

【Lionel Richie & Diana Ross】

1981年にリリースされた、「永遠の愛」という意味のロマンティックなデュエット曲。

9週連続全米1位という、歴史的な記録を残した名曲です。

少し名残惜しさを感じながらも、永遠の愛を誓って歩き出す新郎新婦の退場の音楽にもぴったりではないでしょうか。

愛しい君、ぼくの人生には君しかいないんだ。

たった一つわかっているのは、君がぼくの正しい人だということだけ。

初めて愛したあなた。

あなたは私の呼吸の一つ一つで、私の足跡一つ一つなの。

ぼくはこのすべての愛を君と分かち合いたいんだ。

2つの心臓が1つであるように鼓動する。

僕たちの人生は今始まったんだよ。

あなたの瞳はどれだけ私を大切にしてくれているかを物語っているわ。

あなたはいつだってそうなのよね。

私はあなたの中に見つけたのよ、私の永遠の愛を。

9.「Unchained Melody 」

         

【Righteous Brothers】

1955年発表の時から人々に愛され続ける、不朽のロマンティック・ラブソング。

映画「アンチェインド」で使用されました。

引き離された恋人を想い、自由になって恋人の元に帰りたいと願う歌です。

1990年の映画「ゴースト~ニューヨークの幻」でも使用され、今は亡き最愛の夫を感じるヒロインの感動のストーリーと共に、再び人気を博しました。

ぼくの愛する愛しい人。

ぼくは長く切ない時間、君の抱擁を待ち焦がれている。

ぼくには君の愛が必要なんだ。

孤独な川は、両手を広げて待っている海へと流れつく。

ぼくも、待っていてくれる君の元に、家へ帰るんだ。

10.「Everything」

【Michael Bublé】

2007年にマイケル・ブーブレが恋人のために書き上げた、「君はぼくの全て」という意味のラブソング。

ピアノの伴奏が楽しく、恋人のどんな部分も可愛くて、彼女の本当の姿に心底惚れている…

時に頼もしい彼女と一緒なら、愛の奇跡を起こせるぜ!と歌う、ご機嫌なハッピー・ラブソング!

君はぼくの流れ星で、メリーゴーランドで、そしてぼくの願いを叶えてくれる魔法の井戸なんだ。

ぼくが行き過ぎたときには、君がみちしるべになってくれる。

君はかわい子ぶるし、ミステリアスだし、きっと宇宙から来た君なんだけど、それも可愛いんだ。

ぼくの毎日の一分一分が、君でできているんだよ。

そう、僕が歌う理由は君なんだ。

君がぼくのものだなんて、信じられないよ。

どんな障害があっても、ぼくたちは目をそらさないだろう。

それが僕たちの愛が起こす奇跡。

イタリア語の結婚式にぴったりの曲

チークタイムの新郎新婦

それではここで、イタリア語の愛の歌をご紹介しましょう!

イタリア語は韻を踏んでいるのが特徴で、耳に優しく情熱的…とても素敵なのですよ。

実はイタリアは結婚指輪や婚約指輪が生まれた国なのです!

そんな特別な物語のつまった指輪を、お二人の宝物にするのも素敵ですよね。

そしてまた、イタリアの結婚式で配るおしゃれでおいしいお菓子は、なんと紀元前から続く伝統があるのです!

そこにも深い意味がこめられており、今では世界中で人気となっていますね。

さすが愛の深い国、イタリアですよね!

情熱的な愛の歌詞も、必見です。

イタリア語の音楽は、イタリアンのお料理のBGMにもぴったりですね。

「Vivo per lei」

【O.R.O.】

1995年リリースの、「彼女のために生きる」という意味のラブソング。

最初は静かに始まりますが、徐々に熱を増し、彼女に愛を捧げるという想いが歌い上げられます。

君と知り合ったその日から、ぼくのハートは彼女のために生きているんだ。

昼も夜も彼女のために生き、彼女の隣で眠りに落ちる。

ぼくの中に愛を感じるんだと、世界に向けて叫びたい。

彼女を愛する時、ぼくの心は自由になれる。

太陽の光の中で目を覚まし、穏やかな愛の光の中で生きられるんだ。

「Incancellabile」

【Laura Pausini】

1996年にイタリア語とポルトガル語でリリースされた、「消えることのない」という意味ラブソング

ラウラの透明で伸びやかな歌声が美しい、女性の深い想いを歌った曲です。

あなたの声を聞くだけで、私の中には消えることのない幸せが湧き上がるの。

あなたがここにいない時、私の唇はあなたを探しているわ。

そんな風に、私はあなたと深い愛に落ちたの。

もうあなた以外何もいらないわ。

だから私を置いていかないでね。

あなたは私の中心で、あなたをこんなにも愛しているのよ。

「A te」

【Jovanotti】

2008年にリリースされた、「あなたへ」という意味の、妻のために書いた曲です。

ピアノの伴奏に乗せて始まる、囁くような優しい歌声。

イタリア語の穏やかな心地良さを味わっていただける名曲です。

君は世界でたった一人の、ぼくの人生を生きる理由となる人。

例え言葉を交わさなくても、君を見つめるだけで全てがわかるんだ。

君は世界の片隅でうつむくぼくを見つけ、猫のように拾い上げ連れ帰ってくれた、たった一人の人。

ぼくは君に、持てる全てを捧げよう。

二人でジャンプすれば、空だって飛べるんだ。

君にぼくの精一杯の愛を捧げるよ。

ぼくは力強い飛行機になって、君の人生を安全な場所に連れて行こう。

君はぼくに夢を見る方法を教えてくれたので、僕は最高の冒険の人生をあなたに約束するよ。

君はぼくの夢そのもので、人生のパートナーなんだ。

さぁ、あなたのお気に入りの曲は見つかりましたでしょうか?

一生の思い出に残る、素晴らしいお式になりますように…!


Sponsored Links